[ DUNGEONS & GOLF ]

ダンゴル / PLAY SHEET

2013/07/11

□ オートトップスピン

自動でトップスピンがかかってくれるアイテムです。

ダンゴルに慣れないうちはかなりの数を余しがちなアイテムですけど、その威力は意外と侮れません。

メリット

オートトップスピンなんて、自分でスピンをかければいいから要らない。

そんな言葉をときどき耳にするアイテムですけど、本当のメリットは、驚異のトップスピンがいつもの回転に加わるというところです。

そのため、普通のトップスピンで得られる着弾後の前進力にさらなる前進力が加わります。

トップスピンは下り坂ほど遠くへ進む力が強くなるので、オートトップスピンと手動でのトップスピンを組み合わせると、とんでもないほど遠くに転がって行ってくれたりすることがあります。

デメリット

場面によってはメリットになり得るところですけど、トップスピンが強くなる都合、弾道がいつもより低くなるので注意が必要です。

上り斜面へ向かって打つような場合は、高さが出ずに思ったほどの距離が出ないこともあるかもしれません。

 

また、弾道が低くなる分風の影響を受けにくくなる、これもメリットとして働くことの方が多いかもしれませんね。

飛距離の差

じゃあ、実際にどれくらいの差が表れてくるのか、簡単な実験をしてみました。

スイートスポットでの前進力

無風状態のコースで、だいたい同じ方向へ、同じクラブでスイートスポットタマガミを付けてショットします。それをオートトップスピンがあるのとないのとで、どれくらいの差が出てくるものか試します。

あくまでも "だいたい同じ方向へ" なので、傾斜等の関係で飛距離が違ってくるとは思いますけど、参考程度にはなるでしょう。

通常のショット
オートトップスピン

その結果、次のような飛距離になりました。

  通常のショット オートトップスピン 飛距離の伸び
着弾までの距離 約 289.0 y 約 304.9 y +6 %
+15.9 y
転がり終わった距離 320.5 y 353.1 y +10 %
+32.6 y

スピンをまったくかけない場合でも30yくらいの飛距離アップが見込めそうですね。

 

手動トップスピンを加えたときの前進力

そして、オートトップスピンの真の実力とも言える、手動スピンも一緒にかけた場合の距離についても見てみます。

条件は先ほどの場合とほとんど同じで、手動で最大に近いトップスピンを加えます。イーグルさんはスピンが強くかかるようなので、キャラクターによって飛距離も違ってくるかもしれません。

この、グリーンにさえたやすく届いてしまう飛距離の伸び。

オートトップスピンに手動でトップスピンをかけてみると、感触からも明らかな飛距離の伸びが感じられます。

 

そして、結果は次のようになりました。

  通常のショット 最大トップスピン 飛距離の伸び
着弾までの距離 約 289.0 y 約 308.8 y +7 %
+19.8 y
転がり終わった距離 320.5 y 390.7 y +22 %
+70.2 y

着弾が 4y ほど伸びたのは、下り傾斜のコースだからかもしれません。そして何より目に余るのが、着弾してからの飛距離の伸びです。通算して70yもの飛距離アップとなりました。

 

315y のクラブで打っているのに、396y のコースのグリーンまで届いてしまうなんて、なかなか凄い飛距離アップですね。

飛距離を伸ばすアイテムには他にもブーストやバウンドボールなどがありますけど、オートトップスピンは自然な軌跡とバウンドで距離が稼げるので、イメージ通りにコントロールしやすいところも魅力です。



copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.