[ DUNGEONS & GOLF ]

ダンゴル / PLAY SHEET

2013/07/23

□ オイルボール

オイルボール

長く転がって1オンを狙おう!

初級者が飛距離という名の希望を託して使うアイテム、オイルボール。

入手しやすく、動きもそれなりにイメージしやすいので、アイテムをまだあまり距離を出せない頃に長く転がってくれるだなんて、ちょっと嬉しいアイテムですよね。

飛距離

長く転がるって書いてあるので、まずはどれくらい飛んでくれるか見てみましょう。

いや、地面を転がるので飛距離と言っては語弊があるかもしれませんが。

スイートスポットでの前進力

無風状態のコースで、だいたい同じ方向へ、同じクラブでスイートスポットタマガミを付けてショットします。それをオートトップスピンがあるのとないのとで、どれくらいの差が出てくるものか試します。

あくまでも "だいたい同じ方向へ" なので、傾斜等の関係で飛距離が違ってくるとは思いますけど、参考程度にはなるでしょう。

通常のショット
オイルボール

その結果、次のような飛距離になりました。

  通常のショット オイルボール 飛距離の伸び
着弾までの距離 約 289.5 y 約 289.0 y -0 %
-0.5 y
転がり終わった距離 320.5 y 328.7 y +3 %
+8.2 y

着弾までの距離は誤差として、総飛距離は…あれ8y程しか伸びてないですね。

つまり長く転がるというのは、跳ねずに転がる距離が長いということであって、そう飛距離はやや伸びると見込んでおける感じなのかもしれないですね。

特徴

オイルボールは地面に沿って転がるため、傾斜によって距離や転がる方向が変わってくると思われるので注意です。

特に傾斜の影響を大きく受けるようで、急な上り坂を突破するためにオイルボールを使ったりすると、場合によっては気持ち良いほどにすべって戻ってくることもあります。

 

着弾までの距離は普通に打ったときと同じなので、ショット時の弾道予測はオイルボール併用時でも参考になります。

オイルボールの活用

ラフを突破!

オイルボールの長く転がる効果がいちばん発揮されるのがラフです。

たとえラフに着弾しても、オイルボールを使っていれば、まるでフェアウェイかのようにどんどん前に進んでくれます。

長く転がって 1 オン…! とまではいきませんでしたが、もう少しトップスピンをかけていれば十分グリーンに届いていた感触です。

オイルボールの説明書きってこういう意味だったんですね。

バンカーに見るオイルボールの特徴

オイルボールの説明アニメーションを見ると新たな攻略ルートが見つかるかも?って書いてありますね。しかもアニメーションを見るとかなりな障害物をツルツル滑りそうに表現されています。

障害物と言えばバンカー、さっそくバンカーにダイレクトに打ち込んでみます。

ぽふっ…と見事にハマりました。

 

それならちょっと手前で落としてみましょう。

すると、見事にバンカーを突破することができました。

 

オイルボールでバンカーを越えようとするときには手前に落とすがカギになってくる感じですね。

もちろんバンカーの傾斜も滑り具合に影響するのと、手前に落としすぎるとバンカーを抜ける前に停止してしまうので、その辺りは考慮して打ち方を加減する必要はあります。

究極のオイルボール

さて、オイルボールでのバンカー越えを体験して満足していたら、なんと ゆたさん から究極のオイルボール活用法が飛び込んできました。

ダンゴルダイアリー - オイルボールのすゝめ

なんと究極のハザード越え、あんなところからこんなところまで、まさに秘奥義級ですね。

気になる方はゆたさんのダンゴルダイアリーでぜひチェックです。



copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.