[ REPORT ]

AOpen

FFXI ベンチマークを試してみる (その5)

2005/08/14 Tomohiro Kumagai
Update: 2005/08/28 Tomohiro Kumagai

□ FINAL FANTASY XI 公式ベンチマーク

FINAL FANTASY XI は SQUARE-ENIX 社が販売している オンライン RPG です。

今でこそそれなりの性能の PC でも問題なく動くのかもしれないですけど、ともあれこのゲームはそれなりの PC 性能を必要としますので、問題なく動作するかどうかを購入前にチェックすることが出来るように、公式ベンチマークソフトが公開されています。

2005.02.27 時点では FINAL FANTASY XI Vana'diel Bench3 にてダウンロードすることができ、これを実行することで FFXI が動作する PC であるかを、もちろん完全にではないにせよ確認できるとともに、合わせてスコアが表示されるので、それによってどのくらい快適に動作するかの参考になります。

 

EZ-NET レポート: グラフィックボード RD9800XT-A128CL を購入してみる にても触れたのですけど、このたびビデオカードを交換するに至ったので、それに合わせてもう一度、ベンチマークを動かしてみることにしました。

なお、ビデオカードを交換する前のお話は EZ-NET レポート: FFXI ベンチマークを試してみる (その4) で触れています。

 

□ 公式ベンチマークを実行してみる

今回、ベンチマークを実行した PC スペックは、簡単にながら次のような感じです。

OS Windows XP Professional 日本語版
Service Pack 2
CPU Pentium 4 … 2.4GHz (Hyper-Threading)
MEMORY
(Dual Channel)
2GB … DDR SDRAM 1GB PC3200 x 2
1GB … DDR SDRAM 512MB PC3200 x 2
VIDEO 玄人志向 RD9800XT-A128CL (RADEON 9800 XT)
Driver 6.14.10.6462 (2004/03/23)
SOUND YAMAHA YST-M45D (USB Audio)
MONITOR EIZO FlexScan L565

 

さっそく "Vana'diel Bench 3" を使用してスコアを採ってみると、次のような感じになりました。

Resolution Score CPU 利用率
Low 5153-L 55%
High 3678-H 55%

実行した結果は、上記のようになりました。

CPU 利用率というのは、実行環境においてベンチマーク実行時にだいたいどれくらいの CPU 利用率を占めていたかです。以前の環境と比べてスコアも少し向上したような感じで良い感じです。

 

実のところ、Low モードから引き続いて High モードで実行してみたところ PC がハングアップするという事態にも見舞われてみたりもしましたけど…。リセットボタンを押して再起動をしみても依然として画像が激しく乱れた感じだったので、熱暴走か何かなのかもしれないです。自分の部屋はなんだかとても暑いので…。

いったん電源を切って再び起動してみたら、なんら問題はなかったです。

 

□ FINAL FANTASY XI で遊んでみる

スコアもとりあえず順調なので、FINAL FANTASY XI も快適に動作してくれました。

今まで使用していた AOpen 社の Aeolus FX5900XT だとなにやらポリゴンの描画が乱れてしまうことがよくあったのですけど、それもすっかりよくなって、さらにはときどき壁の向こう側にいるキャラクタがちらついたりとか、そういうのもまったくなくなりました。

まさに見えるべき状態で見えているような感じで、とても大満足でした。

 

ただ気になることとしては、やや稀に、1 秒未満ほどコマが落ちるというところでしょうか…。

これについては以前のビデオカードでもあったことで、以前と比べればだいぶマシな、実害のない感じなのですけど、でもときどき連発するとちょっと厄介な感じもしてしまいます。

この問題はビデオカードの問題というよりは、もっと別の、この PC が抱える何かのような気もしますけど、もしかするとデバイスドライバの兼ね合いもあるかもしれないので、更新してみようかと思います。

 

なお、これまでは Windows XP によって公認されているドライバが安全かなと思って、玄人志向 RD9800XT-A128CL を搭載したときに自動認識されたドライバ "RADEON 9800 XT (Microsoft Corporation)" というドライバを使用していました。

日付は 2004/03/23 の、バージョン番号は 6.14.10.6462 です。

 

□ RADEON 9800 XT のデバイスドライバを更新する

微かな挙動不審の原因がもしデバイスドライバにあった場合に備えて、RADEON 9800 XT のドライバを更新してみることにします。

FINAL FANTASY XI の公式サイトによると、動作確認を行ったドライバは 2005/05/19 現時点では CATALYST Windows 5.3 とのことでしたけど、ATI 社のサイトを調べてみると 2005/08/14 の時点では CATALYST 5.7 Windows XP が公開されていましたので、それを使用してみることにします。

いくつか種類がありましたけど、今回は "With Control Panel" 版をダウンロードしてみることにしました。

 

"5-7_xp-2k_dd_cp_wdm_24085.exe" をダウンロードしたら、それを実行してインストールを開始します。

最初にインストールするフォルダを尋ねられますので、そのままか、または好みのフォルダに変更して [Install] ボタンを押します。するとそこへファイルが展開されて、インストーラーが起動します。

後は手順に従ってインストーラーを進めれば、ドライバのインストール作業は完了です。 なお、インストーラで指定したフォルダはなんとなく、インストーラを一時的に保存するためのフォルダのようです。

 

そして PC 再起動後、新しいドライバで RADEON が動作することとなりました。最初に起動してログオンしたときに、3 秒ほど真っ暗な画面になってびっくりしましたけど、少ししたら問題なく表示されてくれました。

ドライバの日付は 2005/06/28 の、バージョン番号は 6.14.10.6553 となり、自動的に組み込まれたものよりも新しいものとなっているようでした。Microsoft Windows Hardware Compatibility Publisher によるデジタル署名もしっかりと添えられていました。

そしてドライバを更新した後にベンチマークを実行してみたところ、スコアは次のような感じでした。

Resolution Score CPU 利用率
Low 5268-L 55%
High 3695-H 55%

どちらとも少しスコアが向上していますけど、これがドライバの更新によるものかどうか、それとも別の何かの影響なのかは判りません。

 

ただ、通常の処理がなんだか少し重たいような感じも、心なしかするような気もしないでもないような…。

画面のプロパティを表示したときに少し PC の動作が途切れる感じとか、キーボードからエディタへ文字を入力する際に少し重たいような感じもします。初回起動時に真っ暗になったりした影響かもしれないので、とりあえず PC を再起動しておきました。それでもちょっと微かに重たいような感じがしないでもないですけど…。

とりあえずタスクトレイに常駐していた ATI プログラムだけ起動しないようにしてみたりしつつ、そうしてみたら…、なんとなく元に戻ったような気がします。そんな微妙な程度なので、そもそも問題ないといえば問題ないのでしょう。

 

ともあれ実際に FINAL FANTASY XI で遊んでみると、快適さはまったく問題ない感じでした。

今まで起きていた稀にコマが落ちる感じの現象も、とりあえずはほぼ感じられなくなりました。それでもごく稀にほんのわずかな時間それが起きているような感じもした りしたときもあったのですけど、でもプレイを重ねて行くうちに、どうやらそれもたまたまだったみたいで、まったく問題なく快適に動作させることが出来るようになりました。

とにかく、交換した甲斐があったなって思える、そんな感じでした。

 

□ その後に感じたこと

その後さらにデバイスドライバを CATALYST 5.8 Windows XP に更新してみたのですけど、その後あたりからまた、頻繁にコマ落ちするような現象が発生してしまったのでした。

ちょうどその頃から暑い日が続いたので暑さのせいかとも思ったのですけど、もうひとつ気になることがあったので実験してみました。

 

そういえば前回のデバイスドライバを更新した後、画面のプロパティから ATI の 「画面」 タブの内容をいじったことがありました。ディスプレイを 2 つつなげた構成なのですけど、そのときにモニタの表示の 【1】 と 【2】 とをいじってみたところ、片方のモニタが移らなくなって再起動をしたことがあったのでした。

調べてみるとその設定は、どちらのディスプレイを ATI のビデオカードからみて 1 番目とするかという設定みたいでした。表示できなくなってしまったのは偶然のようですけど。

ともあれここで、FINAL FANTASY XI を動かすディスプレイの方を 【2】 として認識させ、それを Windows の画面のプロパティにてプライマリモニタとして設定してみたところ、それを境にコマ落ちの不調はすっかり改善されたのでした。

これが影響していたかどうかの確証はないのですけど、もし似たような症状に悩まされているなら、試してみる価値はあるかもしれないです。

 



copyright © Tomohiro Kumagai @ EasyStyle G.K.
contact me: please from mail-form page.